FC2ブログ
愛っちの週末家庭菜園&ときどき磯釣り TOP  >  野菜  >  サトイモ >  里芋・植付

里芋・植付

おはようございます。

天気予報どおり、大雨です。

という事で、昨日は “サトイモ” “トウモロコシ” “しょうが” を

植付ました。


サトイモ
 20140414‗ 里芋

  今年は2種類植付ました。

  “媛かぐや”: 
    愛媛県農林水産研究所が、「筍芋(京いも)」に「唐芋(えび芋)」を人工交配して
    育成したさといも新品種です。

    特性
    (1) 日本初の人工交配で育成した、さといもの品種
    (2) 「親芋」と「子芋」を食べる筍芋タイプで、11月以降に収穫する晩生品種
    (3) 親芋は、長さが20~40cm、重さが1~3kgと大きい。
    (4) 肉質は粉質で甘みがある。(寒さにあたると甘味が増す。)
    (5) 芋チップス、アイスクリーム、から揚げなど加工用途に利用できる。
    (6) 芋茎(ずいき)は赤く、食べてもおいしい。

  “八つ頭”:
    ヤツガシラは流通している量が少なく、里芋としては高価で、末広がりの「八」と、
    子孫繁栄や人の「頭」になるようにという縁起物としておせち料理によく使われます。

    ヤツガシラは子イモがほとんど分球せず固まりになってしまうので、
    全体に入り組んだ形をしているため、皮を剥くのがとても面倒なサトイモです。
    ごく僅かに分球した子イモ(孫イモ)ができ、それは「八つ子」と呼ばれています。

    肉質がしっかりしていて煮ると粘りが少なくほくほくした食感が楽しめ、
    とても美味しいです。
    栄養成分も一般的なサトイモに比べ沢山含まれています。


サトイモ植付完了
 20140414‗ 里芋2

  毎年作ってますが、近隣農家のサトイモに比べると、赤ちゃん程度にしか育ちません。

  (専門家と比較したら、怒られますが・・・)

  育てるには “” がかなりいる。との事。

  原因は十分な“”を供給できていないからだろうか?

  という事で、

  植付場所は、上の“ 田んぼ” が水をはる5月末以降、水がにじみ出る場所に植付ました。

  腐るか? 立派に育つか? お楽しみ!


トウモロコシ
 20140414‗ とうもろこし

  2か月前に畝立てした場所、やっと “マルチ” を被せました。

  “マルチ” 被せるのは “しんどい”! と思っているのは、私だけでしょうか?

  とうもろこし、昨年・一作年の残り種も一緒に “直播” しました。



 20140414‗ 麦

  急に大きくなりました。

  大風で倒れる前に、テープで補強しました。

  そら豆で “アブラムシ” 忌避効果のあった “金銀テープ”です。

  麦も“アブラムシ” がつくので、効果を期待してます。

  ま、食するわけではないので、麦穂を食べられても問題ないのですが…

  “アブラムシ” がいるだけで、気持ち悪い!





菜園banner
   家庭菜園 ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村

        ポチッと押してやってください! お願いします 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/13 07:54 ] 野菜 サトイモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

愛っち

Author:愛っち
愛媛県在住、とうとう還暦を過ぎた会社員です。
55歳の定年(早!)を前に野菜作りに目覚めました。
現在、第二の職場で奮闘中です。
本来の趣味は磯釣りのはずでしたが・・・。

よろしくお願いします。

カテゴリー
メールフォーム
最新トラックバック
アクセスランキング